2017年5月10日水曜日

ミニマリストの引越しは、3泊4日旅行程度の荷物?

少し間が空いてしまって申し訳ない。
まだ仕事の引継ぎは終わっていないが、配達所にあてがわれた部屋の引き払い作業をしていた。
といっても、私が持っている物はノートパソコンと冷蔵庫と布団、いくつかの服とあとはこまごまとしたものダンボール1箱分のみで、親のワゴン車を借りたら引越し作業などものの数時間で終わってしまった。
あの狭いオンボロ部屋は、次の新人さんが使うらしいので、それなら早いほうが良いだろうと、早々と引越しを終えた。
もしこのまま彼が仕事を辞めずに続けるのであれば、今後あの部屋と共に、5年10年という年月を朝夕の配達との規則的な生活の中で過ごすのであろうことを想像すると、まるで自分が続ける予定だった運命を帯びた、違う時間軸にある人生を、彼が引き継いで続けるような気がして、途方も無い感じがした。

冷蔵庫を部屋に置いておいて、使ってもらおうかとも考えた。
そうするとさらに劇的に荷物が減って、ちょっと3泊4日旅行に行くというくらいの感じで引越しができるので、それも魅力的だとは思ったが、これは長年私と共に在った相棒であり、自己紹介にも書いたとおり大事なスタンディングデスクでもあるから、やっぱりあげられなかった。

新しい家は、昔父親一家が住んでいた一軒家で、そこをまるまる私一人で使うわけであるが、必要以上に広く、部屋もいくつかあるが使わないスペースばかりになってしまうだろう。
ちょっとした庭までついているが、これは嬉しく、ここを利用して野菜など栽培してみようかと企んでいる。

料理は自信が無いが、今ではネットで何でも調べられるので、作り方が分からない、味付けが分からないという事は無いのはありがたい。
時間はあるので、じっくりやっていこうと思う。

まずは1カ月生きていくのにいくら費用がかかるのか、1年生きるのにいくら稼げばプラマイゼロから多少プラスくらいで過ごせるのか、ということを具体的に算出することだろうか。
以前の概算では1カ月4、5万であろうと思われる。
家でパソコンの前で4、5万稼ぐといったら、手早いところではライターなどだろうか。
このブログも、この目標額から考えれば、非常に大きな割合の収入をもたらしてくれている。
いつも読んでくださる読者の皆様には、感謝しかない。
どうせ時間を使うのであれば、このブログのような、積み重ねて広がっていくようなものに、意欲を向けていきたいと願っている。

オススメ記事

ミニマリズムから派生する二つの対照的な生き方

ミニマリストブログ村ランキングへ
節約・貯蓄 ブログランキングへ
スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の投稿

新聞配達の仕事内容・給料(アルバイトの場合)

新聞配達(アルバイト)の仕事内容を、実体験にそってまとめておこうと思う。